2019年10月17日

2019年10月17日(木) 第794回(年度11回)通常例会


T1920JA_PMS-C.jpg


2019-2020いわき鹿島RCテーマ「不言実行」


●開会点鐘「中田 泰一副会長」


●会場監督「須藤会員」

IMG_3668.JPG

●ソング「我らの生業」

●4つのテスト「大橋トシエ会員」

IMG_3764.JPG

●会長挨拶(代理)「中田 泰一副会長」

IMG_3765.JPG

「不言実行」−2019-20いわき鹿島RCテーマ


●幹事報告「山添信正」

IMG_3768.JPG

IMG_3663.JPG

(本日の例会について)

・卓話 クラブ管理運営委員会担当(須藤委員長)


(報告事項)



(回覧) 
・2530地区 芳賀ガバナーより台風19号の大きな被害について
・RI会長マローニー様より先日の台風の被災地の方々にお悔やみとお見舞いの書簡

(配布物)


(今後の日程)
・10月24日(木)通常例会 ※ふれあいコンサート(久之浜小学校)断水のため休校で11/7に変更
・10月26日(土)地区大会 クーラクーリアンテ 会長・幹事会 幹事出席
・10月27日(日)地区大会 パルセいいざか
・10月31日(木)休会 ※27日 地区大会の振替
・11月 7日(木)休会→移動例会 ふれあいコンサート(久之浜小学校)※断水のため休校で変更
   10:20現地集合 10:30開演
・11月14日(木)クラブ協議会→休会
・11月21日(木)ランチ例会 場所(     )
・11月28日(木)卓話 奉仕プロジェクト・会員増強・財団委員会担当(   )
  例会後、鹿島小ロータリー文庫贈呈式を予定 ※予定時間(13:30)
・12月 5日(木)年次総会 会長エレクト担当
    


●委員会報告


出席「須藤会員」
出席8名,出席率67%

スマイル「大橋トシエ会員」
8名、8,000円

IMG_3673.JPG


●中田泰一
19号台風の被害の大きさに驚いてます。東日本大震災後、今までの考えは捨てて自分が住んでいる地域の地盤や近くの河川、崖、等を再点検し、想定外の災害が生じる事を考え対応策を練るべきです。

●山添信正
台風被害でミューゼのピアノ講師が床上浸水、車が水没、大変です。今月24日の演奏予定の久ノ浜一小は11月7日(木)に延期になりました。市内の水が出るのは今月末だそうです。

●小野久太郎
水害にあった方々に御見舞申し上げます。皆でがんばりましょう。

●須藤良一
台風19号の被害の大きさに驚くばかりです。これは人災に近いものがあります。少しでも復旧が早く出来るように祈ります。被害を受けた方にはお見舞い申し上げます。

●中山昌子
腰痛は結構つらいです。年齢からみて全治4ヶ月以上と言われてます。

●根本賢二
台風19号の被害は大丈夫だったでしょうか。かたずけ等があれば休日なら手伝えると思いますので声をかけて下さい。

●大橋トシエ
19号の台風は数十年振りとのこと。福島県の被害は大きく想定外でしたね。早く復興してほしいです。

●曽我泉美
このたびの台風では市内大変な被害があり、友人、お客さん、など多くの人が水害にあい、毎日、支援で駆け回っております。家も断水ですが、一日も早い復旧のために微力ながら頑張ります!


財団・米山「小野会員」
2名、現在3名

IMG_3676.JPG

●卓話「須藤会員」

IMG_3770.JPG

・台風19号被害
・現在の世界情勢


●閉会点鐘「中田 泰一副会長」

●例会終了後、理事会
posted by かしまRC at 14:01| 福島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

2019年10月3日(木) 第793回(年度10回)ガバナー訪問

IMG_5701.jpeg

T1920JA_PMS-C.jpg


2019-2020いわき鹿島RCテーマ「不言実行」


●クラブ協議会

■芳賀裕ガバナー

IMG_3729.JPG

「ロータリーは世界を繋ぐ」。
先月、RI会長が福島を訪れた。東日本大震災からの復興の様子を見たいと、3日間滞在、2530地区の会員が牛活動に邁進している姿もご覧いただいた。世界にこの福島の様子を発信して欲しい。この風評を払拭することをお願いした。

クラブ管理運営委員会(須藤委員長)
IMG_3728.JPG

今はCLP〜クラブリーダーシッププランということで、クラブ活動を行っていただいている。
●SAA/12〜13時が地区に届けていただいている時間。ロータリアンは世界に3万5千。どのクラブにもメーキャップしてもいい。時間などに変更がある時は速やかに伝えて欲しい。例会時間は60分基本。例会ロータリアンの3大義務。私は義務というより「権利」だと思う。貴重な60分を実りの有る時間として過ごせるように、SAAはプログラム委員会と連携して活動を行う。いろいろな方々とお話をしたり聞いたり、自分を磨く時間を持つのが主旨。
●出席・プログラム/まずは出席をしてもらう。来週はどんな内容か、引きつける内容を考える。第一優先は会員スピーチ。近隣のお店の方の話しも聞く機会を持つ。各クラブのメンバーでもいい。職場例会で他の現場も見ることも大切。会員事業所を見るのも大事。新しい会員の勧誘につなげる。メーキャップは2、3人で他のクラブに行ってみる。他のクラブのいいところを参考にする。
RIでは規定審議会があり、3年に1回見直す。4月に集まりがあって、メーキャップについて、改めてみようという話しがあった。今までは、直近2ヵ月位内、他クラブに出席すれば、自クラブの出席にカウントできた。今回、今年度であれば、カウントできるということが、細則で決まった。
●親睦活動/できるだけ家族も楽しめる例会を作る。外に出て行う奉仕活動の機会に家族を誘って楽しんでいただくことを計画に入れて欲しい。

奉仕プロジェクト・会員増強・財団委員会(小野委員長)

●会員増強/ロータリーに限らず、どの組織にあっても組織を成長させるのは重要で、放っておけば衰退してしまう。現在の鹿島地区では、エブリアのメンバーが辞めて、会員減少してしまった話しを聞いた。全員が会員増強委員という思いで、会員増強を心掛けて欲しい。1名が一人お連れいただく。会員になったらカウンセラーをつけて、委嘱状を渡して、1年間新入会員の面倒を見る。「明日例会があるが大丈夫か?」例会当日は隣に座る。ロータリーソングの意味なども話し、一日も早くなじめるよう役割を果たして欲しい。それが、会員維持につながる。@理事会で選考 Aお声掛け の順番で。12人の中で一人でも反対する人がいたら入会できなくなり、迷惑をかけてしまう。
●米山記念奨学会/当地区では326人が巣立った。今年は24名。ただお金を渡すだけではなく、将来的な活動に役立てる。卒業後、学友たちが「世界平和」を実行していく。寄付、ご協力をお願いしたい。
●奉仕プロジェクト/職業・社会・国際奉仕。いろいろな職業の方に接して、気づきを得て、自分の生き方に役立てる。ふれあいコンサート、とても意義のあること。将来的には複数クラブとともにいろいろなことに取り組んでいくことも考えてみては。国際奉仕地域で働く外国人に対する支援。
・青少年奉仕、ロータリー文庫を届ける
ライラ(20〜35歳の若いリーダーを育てるためのプラン)2020年、3/7・8開催。会員も参加できる。
インターアクトクラブ(会員年齢12〜18歳)を作ってもらい、活動。現在、いわき分区には2つ。いわき総合高校と磐城農業高校。見学希望があれば、ガバナー事務所まで。
スマイル、奉仕活動の資金源。

広報委員会(曽我委員長)
IMG_3738.JPG

公共イメージの向上/ロータリークラブ以外の方に広く知っていただく
●雑誌/ロータリーの友を定期的に地域に配布しているのはとても素晴らしい。「買う」から「読む」行動に。大変良い情報がたくさん入っている。
●クラブ会報/会員の情報も盛り込まれたもの。周年の記念誌を作る際に元になる。漏らさずに例会を記録しておくる。
●広報/マスコミとの懇談。取り上げられやすい内容。物語性のあるもの。ロータリーもストーリーがあるものが求められている。SNSで視聴者からの映像を受け入れている。動きのあるものでないとだめ。活動しているところが一番取り入れやすい。ふれあいコンサートなど。
ホームページ、SNS、今の時代にあったものを取り入れる。
●ロータリー情報/手続き要覧には書いてない。ロータリーを知るにはマイロータリーで見るしかない。ぜひ、登録をお願いしたい。


●開会点鐘「上遠野 裕会長」

IMG_5703.jpeg

●会場監督「須藤会員」

●ソング「我等の理想」

●4つのテスト「中田泰一会員」


●会長挨拶「上遠野 裕会長」

IMG_3727.JPG

私、恥ずかしいことに世界にロータリークラブが世界に何クラブあるか知らなかった。全世界のロータリークラブにメーキャップできることも知らなかった。7年前に入会した時、震災1年後で世の中も落ち着かない時で、何もわからず困っていた。カウンセラーをつければ、安心して活動できると思った。
会長挨拶ではロータリーのことを話すようにガバナーから言われているので、毎回心掛けているが、苦戦している。なぜ、ロータリーに入会したか、なぜ、続けているか、寄付をして新聞に掲載されることもある。周囲からも言われることがあって嬉しい。
今年度は「会員増強」を目標に頑張っていかないと、このクラブの将来はないと肝に銘じて頑張りましょう。


「不言実行」−2019-20いわき鹿島RCテーマ

●幹事報告「山添信正」

IMG_3732.JPG


(本日の例会について)
・ガバナー公式訪問 会長・幹事担当
第2530地区ガバナー 芳賀 裕  様
福島中央RC監事   佐藤 一夫 様
いわき分区ガバナー補佐 上村 直人 様
分区幹事 矢内 忠 様 分区会計 金土 重順(こんど しげのぶ)様
・10月誕生祝 
 小野久太郎会員、須藤良一会員


(報告事項)


(回覧) 



(配布物)
・「ロータリーの友10月号」
・「ガバナー月信 10月号」

(今後の日程)
・10月10日(木)休会
・10月17日(木)卓話 クラブ管理運営委員会担当(須藤委員長)
・10月24日(木)移動例会 ふれあいコンサート(久之浜小学校)
   10:20現地集合 10:30開演
・10月26日(土)地区大会 クーラクーリアンテ 会長・幹事会 会長・幹事出席
・10月27日(日)地区大会 パルセいいざか
・10月31日(木)休会 ※27日 地区大会の振替
・11月 7日(木)休会
・11月14日(木)クラブ協議会
・11月21日(木)ランチ例会


●今月の誕生日「須藤会員、小野会員」

IMG_3751.JPG

●委員会報告


出席「中田会員」
出席9名,メーキャップ3名,出席率100%


●スマイル「大橋トシエ会員」
14名、24,000円

●芳賀 裕 ガバナーと佐藤一夫 福島中央RC監事
本日の公式訪問 御礼代として いただいております。ありがとうございます。

●いわき分区ガバナー補佐 上村直人、幹事 矢内 忠、会計 金土重順
本日はよろしくお願い致します。

●上遠野裕
第2530地区ガバナー 芳賀 様、福島中央RC監事 佐藤 様、
いわき分区ガバナー補佐 上村 様、分区幹事 矢内 様、分区会計 金土 様、
本日は大変お忙しい中ありがとうございます。緊張しております。楽しい話を期待しております。よろしくお願い致します。

●小野久太郎
本日はガバナー芳賀様はじめ役員の皆様、御苦労様です。よろしく御指導お願いいたします。

●中田泰一
ガバナー訪問、大歓迎です。良いアドバイスを期待しています。

●須藤良一
芳賀裕ガバナー、佐藤一夫福島中央RC監事、上村直人分区ガバナー補佐、矢内忠分区幹事、金土重順分区会計 大変お忙しいなか訪問ありがとうございます。今日はよろしくお願いします。

●永崎亮寛
芳賀ガバナー様はじめ皆々様ごくろうさまです。よろしくお願いします。

●曽我泉美
芳賀ガバナー、佐藤監事、上村ガバナー補佐、矢内分区幹事、金土分区会計
皆様、本日はよろしくお願い致します。

●根本賢二
10/24ふれあいコンサート、とても楽しみにしてます。

●大橋トシエ
芳賀ガバナー様はじめ皆様ご訪問ありがとうございます。どうぞ宜しくお願い致します。

●山添信正
今週土日いわき街なかコンサートがあります。鹿島ロータリークラブからは1万円の協賛金を頂きました。有難うございます。
来週水曜5:00からミューゼでドイツ在住日本女性ピアニストの無料コンサートがあります。ショパンやモーツァルト、ピアノ曲を楽しんで下さい。希望者は山添まで


●財団・米山「小野会員」
0名、現在0名


●ガバナー補佐挨拶
「上村 直人ガバナー補佐」
IMG_3758.JPG

地区行事に際して、いわき分区の出席率が悪い。一人でいいので、必ずクラブに情報を持ち帰って欲しい。
芳賀ガバナーからも会場も郡山近辺に配慮してもらっている。いわき分区、現在10クラブ中5クラブが10名台。

●ガバナースピーチ

IMG_3760.JPG

サンディエゴの国際競技会では、世界から538人のガバナーエレクトとパートナー、役員で1500人が集まった。
その席でマロニー会長が4つの強調事項について話した。
@ロータリーを成長させること
Aロータリーに家族を参加させること
B忙しい会員も会長になれるよう、リーダーになれる道をひらくこと
Cロータリーと国連が協調して活動していることを奉仕の力にしていく
テーマ「ロータリーは世界をつなぐ」に決めた。

3月26日、2020東京オリンピックの聖火リレーがスタートする。来年3月21日、22日「復興フォーラム(仮称)」を開催。支援と協力をお願いしたい。震災から8年半が経ち、風化進み、風評が残っている。この復興フォーラムの中では、そういったことを含め、福島から全世界に発信したい。

IMG_5699.jpeg

●閉会点鐘「上遠野 裕会長」
posted by かしまRC at 13:46| 福島 🌁| Comment(0) | ガバナー訪問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

2019年9月26日(木) 第792回(年度9回)通常例会

3934.jpg

T1920JA_PMS-C.jpg


2019-2020いわき鹿島RCテーマ「不言実行」


●開会点鐘「山添幹事」

IMG_3716.jpg

●会場監督「中田会員」

IMG_3715.jpg

●ソング「奉仕の理想」

●4つのテスト「小野会員」

IMG_3718.jpg

●会長挨拶「山添信正幹事」

IMG_3720.jpg

「不言実行」−2019-20いわき鹿島RCテーマ

本日は上遠野会長が大腸ポリープの手術のため欠席です。
体調が心配です。
今日のガバナー歓迎会には私の方で出席します。

●幹事報告「山添信正幹事」



(本日の例会について)

・外部卓話 会長・幹事担当 ※時間あれば公式訪問リハーサル
 ゲスト 陶芸家 秤屋苑子様  曽我泉美会員の紹介
・地区会員増強・拡大・ロータリー情報委員会 委員長 林 克重様
(今年度も各クラブメーキャップを行い委員会活動のご理解を深めていただきたいと考えております。時間は5分程度で構いません)


(報告事項)
・9/28(土)鹿島小バザー 協賛品のお願い
先週9/19(木)例会前に鹿島小PTA副会長が来訪、小野久太郎奉仕プロジェクト・会員・財団委員長が対応し、福祉まつりのバザー協賛品残りを提供しました。

(回覧) 



(配布物)
・「いわき鹿島RC2019−20年次計画書・2018−19年次報告書」

(今後の日程)
・9月26日(木)いわき分区合同ガバナー歓迎会 ホテル美里18:00 幹事出席
・10月 3日(木)ガバナー公式訪問 会長・幹事担当
 9:30〜10:20会長・幹事会、10:30〜12:00クラブ協議会
12:15〜13:15例会(ガバナー講話30分)
芳賀裕ガバナー、佐藤一夫(福島中央RC監事)、いわき分区上村直人ガバナー補佐など来訪  ※会員は10:20集合
・10月10日(木)休会
・10月17日(木)卓話 クラブ管理運営委員会担当(須藤委員長)
・10月24日(木)移動例会 ふれあいコンサート(久之浜小学校)
   10:20現地集合 10:30開演
・10月26日(土)地区大会 クーラクーリアンテ 会長・幹事会 会長・幹事出席
・10月27日(日)地区大会 パルセいいざか 参加者(        )
・10月31日(木)休会 ※27日 地区大会の振替
・11月 7日(木)休会
・11月14日(木)クラブ協議会
・11月21日(木)ランチ例会

出席「中田会員」
出席6名,出席率67%

IMG_3670.JPG

スマイル「大橋トシエ会員」
8名 8,000円
●地区会員増強・拡大・ロータリー情報委員長 林 克重
本日はありがとうございました。

●曽我泉美
秤屋苑子先生を歓迎して。

●山添信正
火曜日は大浦小、水曜は草野小でクラシック、ディズニーの演奏をして来ました。明日は菊田小でラテンバンドの演奏があります。10月24日、木曜日10:30からは久之浜一小で当クラブ移動例会ふれあいコンサートがあります。是非、楽しんで下さい。

●小野久太郎
本日は会員増強委員長の林様、ゲストの秤屋様、ご苦労様です。大歓迎致します。

●中田泰一
本日、例会出席者少ない中、秤屋さんの卓話大いに楽しみです。

●中山昌子
秤屋様、しばらくです。お元気そうで又ご活躍のご様子、何よりです。

●根本賢二
本日、仕事の都合により欠席させていただきます。スマイルはお願い致します。

●大橋トシエ
地区会員増強ロータリー情報委員長の林様のお話、楽しみにしております。


財団・米山「小野会員」
0名、現在0名

地区会員増強・拡大・ロータリー情報委員会からのお話 「委員長 林 克重 様」

IMG_3721.jpg

・現在の状況把握
・会員増強の手法の一つとして、候補者に「ロータリーの友」を毎月届ける
・ロータリー、経営者が数名集まって学び合おうという主旨の元、ビジネススクールを始めた。ロータリーも会社経営と同じ。数年間の中・長期ビジョンが必要。
・私たちはなぜロータリーに入っているのか、何を学ぶのかを考える。地域の問題に取り組んでいくんことが必要。


●卓話「秤屋苑子様」
「子どもたちの絆を繋ぐアートをつくりたい!」

IMG_3723.jpg

 大学英文科を卒業後、島田文雄氏に師事。青白磁、彩磁を研究。
陶芸家として、1983年 いわき市四倉町にも築窯。
日本伝統工芸展、伝統工芸新作展、福島県総合美術展など、入賞、入選多数
フランス、スペイン、オランダなど、国内外で個展開催。

 2003年にいわきら・ら・ミュウに子ども達が作ったタイルを貼ったすべり台を作りました。それは津波が来ても今もしっかりしています。
以来、少しずつベンチを増やしていきましたが、震災の原発事故で子ども達が外で遊べなくなり、この事業を続けるのは断念をしなければいけないかと思っていた時に、たくさんの方が力を貸していただきました。
 子どもたちをはじめとした市民の心の復興、一体感の醸成、郷土愛の喚起を図るとともに、この取り組みにより、震災の記憶を後世に継承し、さらに風化対策の一助としたいと思っております。
  子どもたち一人ひとりが、磁土を素材として復興をテーマとした自由な発想で絵を描いた陶板タイルを制作し、約1週間後に彩色します。制作した陶板を乾燥させ施釉、焼成します。復興を象徴するオブジェを作成することで、子どもたちが被災地域の公園に集まるようになり、元気な声が響けば地域の活性化につながるでしょう。また、震災の記憶を後世に継承し、風化対策にもなります。
子どもたちだけでなく、住民全体で復旧工事完了後の地域を盛り上げようとする機運が作られることも期待できます。 

 これまで2つのオブジェを作る際は、福島県の地域創生総合支援事業(サポート事業)の支援により、補助金で制作することができました。 絆プロジェクトは今後の活動を持続的なものとするために、クラウドファンディングによる皆様からの支援をいただきたいと考えております。
いただきました支援金は、オブジェの土台の製作費、FAAVO手数料として使わせていただきます。
どうぞ、皆様のご支援をよろしくお願い致します。

https://faavo.jp/iwakinokuni/project/3934

●閉会点鐘「山添幹事」
posted by かしまRC at 13:24| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする